業種に応じたオフィス家具をまとめ買いするのがコツ

業種に応じたオフィス家具をまとめ買いするのがコツ

オフィス家具は業種に応じたものをまとめ買いすることで、コストを下げることできます。
オフィス家具は基本的に同じ種類もののを購入すると、全体のレイアウトがしやすくなり雰囲気がまとまります。
ばらばらの家具を配置していては雰囲気がまとまらず、全体がちぐはぐになってしまうでしょう。
業種によっても必要となる家具はまったく違います。
高さの違う棚や座り心地が異なる椅子などは社員にとっても使いにくく、時には大きな不満や問題になる可能性もあります。
同一のオフィス家具をメーカーがずっと生産するとも限らないため、コスト削減と併せてまとめ買いを検討してみましょう。
しかし、大量に購入したもののレイアウトと合わなかったなどの事態は避ける必要があります。
オフィス家具を扱っている会社の中には、レイアウトのアドバイスをしてくれるところも存在します。
プロのアドバイスを受けながらもっとも最適な家具を選び、まとめて注文する方法がおすすめです。

オフィス家具のまとめ買いは生産性を上げるのに有効

オフィス家具は寿命を迎えてから買い替えを検討するのも1つの方法ですが、まとめ買いをすれば生産性を上げることが可能になるのではないでしょうか。
というのも、傷んだ古いオフィス家具は不満を覚えていたり、作業に集中できず気分が乗らないということがあります。
新しいオフィス家具にまとめ買いで総入れ替えをすれば、一気に不満が解消するので集中力が高まりますし、生産性が上がる結果に繋がります。
買い替え先は不満や希望を元に選択肢をリストアップしたり、比較検討して絞り込んでいくのが望ましいです。
勿論、予算との兼ね合いもありますが、妥協しても良いことはあまりないですから、多少の予算オーバーなら目を瞑ってオフィス家具を新しくした方が良いといえます。
真新しくて仕事が楽しくなるデスク、新品のクッション性が体にフィットするチェア、擦れるような嫌な音が出ないキャビネットなど、買い替えを考える切っ掛けはいくつもあるので検討するべきではないでしょうか。

著者:富永和仁

筆者プロフィール

茨城県水戸市生まれ。
地元で家具店を経営。
今回はオフィス家具のまとめ買いについて記事を書きました。